年を取るにつれて友達が少なくなった事に気が付いた

最近気が付いてしまってショックを受けた事があります。それは、私って友達がとても少ないなという事。いや、もしかしたら一人もいないのかも。友達が一人もいないというのは語弊があるかもしれませんが。私がここで言う友達とは、用事などなくてもちょっとした出来事を気軽に連絡できる友達がいないという事です。

 

別に周りから嫌われてるわけでもなく、職場の人間関係も良好。職場でランチをする人はいるし、職場以外でも、たまにですが外で会ってご飯を食べたり映画を見に行ったりする友達はいます。でも、日常ちょっとした面白かった事をLINEで連絡できる友達はいませんでした。

 

それに気が付いたのがつい最近です。ある日、電車の中でちょっとしたおもしろい事があって、誰かに言いたくて携帯を取り出したけどこんなつまらない事でLINEしたら相手も困るのでは、と送るのをやめました。また別の日。会社で嫌な事があって、ちょっと誰かに愚痴りたくて、また携帯を取り出しました。でも、突然こんな愚痴だけ送られても相手は困るんじゃないかと思い、またやめました。

 

それで気が付いたんです。私からも、私の数少ない友達からも「来月ご飯行かない」とか「誕生日おめでとう」とか、お互い具体的な目的があっての連絡ばかりで、そういえば私も友達も「今日こんなことがあってさ」など具体的な用件以外の、日々のちょっとした事を連絡したこと全然ないなって。

 

学生時代はくだらない事でしか連絡していなかったのに。そう思うと、それだけが理由ではないかもしれませんが、年を取ったなと感じてしまいました。