子供の頃は大嫌いだったレンコンが好きになったきっかけ

子供の頃は嫌いだった料理や食材が大人になったらなぜか大好物になってしまった、ということはよくあることだと思います。私自身は子供の頃はほとんど好き嫌いがなく、なんでも食べられる子供でした。その中でも、唯一食べられないものがレンコンでした。あの独特の歯触りがどうしてもダメだったのです。

 

とはいえ、レンコンというのはそうそう日常的に食卓にのぼる食材でもありません。そのため、できるだけレンコンを食べないようにすることは難しくありませんでした。

 

こんな風にして、レンコンをほとんど食べずに大人になった私ですが、ある時レンコンを口にする瞬間がやってきました。親戚に夕食をごちそうになっていたときにレンコンの天ぷらが出てきたのです。せっかくごちそうしてもらっているのだから、と飲み込む勢いでレンコンの天ぷらを食べた私。

 

意外にも、子供の頃あんなに嫌いだった食感が気にならないことに気が付きました。それどころか、大人になった私にはあのレンコンの食感が美味しいものに感じたのです。それ以来、今では他のどんな天ぷらよりも、レンコンの天ぷらが大好きです。

 

レンコン自体も大好物になってしまって、きんぴらや素揚げ、煮物なども喜んで食べています。子供の頃は、レンコンなんて食べられなくても別に平気だ、なんて思っていたものですが、今となってはレンコンの美味しさを知ることができて良かったな、と思います。食わず嫌いはやっぱり良くないのだな、と実感しています。