早起きが日常化したら気持ち良い。やっぱり朝方の方が健康的

最近始めた仕事によって、毎日早起きをするようになりました。早い時は7時台に出勤しなければならないため起床は6時か5時です。以前の起床時間をというと7時半から8時位に起きてのんびりと出勤していました。

 

朝早い時間に起きて活動するようになるとそのリズムが体内に吸い込まれていきます。そうするとまた休みの日も自然と6時に起きるようになりました。そして起きたらカーテンを出て明日の光を浴びるのがとても気持ちが良いのです。

 

そこから今日1日のやることを決めて取り掛かっていくのですが、不思議な事は、7時半から8時に起きていた頃には、休みの日には同じ時間に起きれなかったということです。なんだかんだで、9時半10時位に来てそれからダラダラと準備をして活動するのがお昼からと言うのが通常でした。

 

ですので、早起きのタイミングというのは、6時と7時半以降では何か違いがあるというか、この間にボーダーラインがあり、自分の自然に起きやすい時間帯があるか、もしくはトータルの睡眠時間を考えたときに、6時に起きたら、例えば計6時間になり、自然と目覚めるようになっていったということも考えられます。

 

どちらにしても午前中に早起きをすると1日は長く有効活用できます。とにかくやりたいことが多い時期や、何か1つのことを成し遂げるために集中したい時などは丸一日中に使えるというのは、すごく喜ばしいことなので、できるだけ1日の時間の有効活用できるように計画して行動していきたいと思っています。

 

年会費無料のおすすめETCカードランキング